土木鋼構造診断士-記述式問題B:専門用語の勉強ポイント

※当ブログではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

こんにちは、たつぼんです。

たつぼん
記述式問題に専門用語の説明問題(問題B)を勉強するポイントが知りたいな~!

記述式問題の中でも専門用語は点が取りやすい問題です。

僕は参考書や講習会テキストを活用して勉強する中で、

「このポイントは重要だ!」と考えながら勉強したことで合格できました!

そこで本記事では、僕が受験勉強の中で発見した勉強ポイントを解説します!

・専門用語の説明問題(問題B)を勉強する時のポイントが分かります。

以下のココナラでは、僕が試験に合格するためにで培った知識と経験を活かして論文添削していますので、ご興味がありましたらご検討下さい!

【ココナラ】土木鋼構造物診断士-業務経験論文の添削サービスを見る

鋼構造診断士・診断士補について他にも紹介しているので、こちらも合わせて読んでみてください!

関連記事

※当ブログではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。こんにちは、たつぼんです。たつぼん記述式問題に専門用語の説明問題(問題B)を勉強するポイントが知りたいな~!記述式問題の中でも専門用語は点が[…]

専門記述式問題:専門用語の説明問題の回答方法は?
関連記事

※当ブログではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。こんにちは、たつぼんです。たつぼんこの記事は「2分」で読み切れる内容です。土木鋼構造診断士試験では、択一式問題に加えて、業務経験論文や専門問[…]

ポイント5つ!土木鋼構造診断士-業務経験論文の工事の選び方
関連記事

※当ブログではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。こんにちは、たつぼんです。たつぼん択一式試験の勉強するときのポイントとか勉強方法を知りたい!僕も択一式問題の勉強法に悩んだ結果、過去問やテキ[…]

【土木鋼構造診断士・診断士補】択一式問題の勉強方法を紹介【参考書も紹介】

土木鋼構造診断士の記述式問題B-専門用語の勉強ポイント

回答方法のポイント
土木鋼構造診断士の記述式問題B-専門用語の勉強ポイント
たつぼん
僕がここの問題を勉強するときに気にしたポイントです!

専門用語の概要を理解

専門用語の概要を理解
専門用語の概要を理解
たつぼん
専門用語を説明するうえで一番最初に押さえましょう!

概要をもう少し分かりやすく言うと・・・

・どんな現象なのか
・どういった検査方法なのか

ここを詳しく説明できるかどうかが重要です!

たつぼん
現象や検査方法などは講習会テキストに詳しく書かれています!

概要を勉強するときには講習会テキストが役に立つので、

テキストを使いながら勉強するのがおすすめです!

図を用いて説明する手段もアリ

図を用いて説明する手段もアリ
図を用いて説明する手段もアリ
たつぼん
言葉だけで説明するのが難しいときありますよね?
なやむくん
文章を書いても上手く説明できなくて困ること多いな~
なにか良い方法はあるの?

そんな時には図を描いて説明するのもコツです!

たつぼん
僕は説明に困ったときには解答用紙に図を描いて説明しました!

図を使った方が説明しやすいもあるので、図が使えることを覚えておいて損はありません!

なので、概要や原理を勉強するときには図を意識しておくのも良いですよ!

図は用紙の外枠からはみ出ないように注意。
文字数は用紙の枠内でカウントされるので、枠からはみ出たら一発アウトの可能性があります。

留意点を理解

留意点を理解
留意点を理解
たつぼん
次に留意点を押さえることが重要です!

留意点の例を挙げると・・・

・ある条件の場合には適用できない、もしくは精度が低下するなどです。
なやむくん
もう少し具体的に教えて~

具体的な例で磁粉探傷試験をあげると、

「溶接部表面の状態によっては外面きずの疑似模様が検出されるのできず判定のときに注意が必要」

といったことです。

たつぼん
留意点を必ず押さるためにテキストを活用しました!
テキストにはこういった内容も解説されていますよ!

この留意点を押さえるときにはできるだけ多くの留意点を知っておくのがコツで、

試験で回答するときに自分が説明しやすいものをピックアップすることで確実に点数が狙えます!

たつぼん
自分が説明しやすいものがいくつかあると試験のときも安心して回答できます!

留意点に対する解決策を理解

解決策を理解
解決策を理解
たつぼん
ポイント2に関連する内容で、留意点に対する解決策の理解が重要です!

留意点を複数挙げたら、留意点とその解決策がリンクするように整理しておくのがコツです!

たつぼん
僕はエクセル表を使って、留意点とその解決策を整理しました!
分かりやすくて覚えやすかったです!

ここでもう一つ大事なのが、解決策の具体的な施工方法を理解しておくことです!

回答するときに、この留意点には○○○を対策すれば解決です、では回答として少し弱いです。

個人的にどうやって回答したらよいかを考えた結果、

以下を気にするとより良い回答になりました。

・解決策を実現するための施工方法も合わせて説明する。

施工方法の説明では、施工中に注意すべき点があればそこも記述することで、

さらに回答が補強されて高い評価が得られます。

たつぼん
この点を参考に勉強すると回答内容が充実しますよ。

回答は流れに沿った説明を意識

流れに沿った説明を意識
流れに沿った説明を意識
たつぼん
説明するときには流れも意識しておくのが良いですよ!

概要、留意点、解決策を整理できたら、これらを文章化します。

文章化するときには流れに沿った説明を意識することが大事です!

僕が回答を記載したときの流れは・・・

STEP1.概要を説明
STEP2.留意点を説明
STEP3.留意点に対する解決策とその施工方法

この流れで記述すれば読み手も読みやすい流れになります。

紹介した流れは参考ですので、他に説明しやすい流れがあればそれに従って文章化しましょう

読みやすい工夫も大事

読みやすい工夫も大事
読みやすい工夫も大事
たつぼん
文章は単に書くだけではなく、読みやすくすることも大事です!

たまに文章をチェックするときに読みにくい文章があります。

読みにくいと思う書き方を挙げると以下になります。

・改行されていなくて、前後の文章が関連した内容なのか分かりにくい。
・1文が長すぎて文章を読み終わる前に最初の内容を忘れて読み返してしまう。
・誤字、脱字があって読みにくい。

文章が読みにくいと、

伝えたいことが伝わらない

誤解を生む可能性もある

といったように、読みやすさを意識して文章を書くようにしましょう!

読みやすさのコツがコチラです!

・例えば、概要、留意点といった項目で改行して分かりやすくする。
・1文は短く分かりやすくする。
・誤字、脱字はゼロにする。

上記を実行すれば、ある程度読みやすくなります!

文章化のコツは一度自分で書き上げたものを会社の先輩や上司に読んでもらうと良いですよ!

自分が作成した文章に対して良いアドバイスがもらえるかもしれません!

たつぼん
自分では気づけない指摘があるので、チェックしもらうのは文章力を上げるコツです!

勉強したことをもっと上達させるためには?

勉強したことを上達させるためには?
勉強したことを上達させるためには?
たつぼん
勉強したことをもっと上達させるために行ったことを紹介します!

第三者に説明して専門用語の理解度を確認

第三者に説明して専門用語の理解度を確認
第三者に説明して専門用語の理解度を確認
たつぼん
理解力を測るには説明してみるのが良いですよ!

専門用語を理解できているかどうかを確認するために、

友人などに説明して理解度を確認しました!

たつぼん
説明するときには文章で書くときと同じ流れで説明することも意識しました。

口頭で説明してみると・・・

・うろ覚え、忘れてしまっていることを発見できる。
・説明の分かりにくいところが分かる。
・同じ試験勉強をしている相手だと、間違って理解しているところを指摘してもらえる。

こういった改善ポイントが見えてくるので、口頭で説明すると自分の理解度を測れます!

これを繰り返していくことで理解度が上がって自分のものにできるようになりますよ!

文章を第三者にチェックしてもらう

文章を第三者にチェックしてもらう
文章を第三者にチェックしてもらう
たつぼん
自分で作成した文章を自分でチェックしても見つけにくいですよね?

それに自分では分かりやすいと思っている文章も、

他人が読んだら分かりやすいかどうか判断するのって難しいですよね。

この自分では見つけにくいポイントは第三者にチェックしてもうらのが効果的です!

・会社の同僚、先輩、上司などに文章を読んでもらうことが大事です。

会社の方であれば、同じ専門の知識を持っているので、

読みやすさ、内容をチェックしてもらえます!

たつぼん
ある程度知識を付けたら、その後はほとんど文章化に力を入れました!
チェックと修正を繰り返して文章力を磨きました!

こういった方法で文章を改善していけると、試験で読みやすい回答を記述できるようになります!

【おすすめ参考書】土木鋼構造診断士・診断士補受験必携


引用:紀伊國屋書店HP

たつぼん
僕はこの参考書を購入して勉強しました!

こちらの参考書は、過去問を解きながら試験対策できます。

しっかりと各問題に対して詳しい解説があるので着実に理解しながら勉強を進められます。

過去問で勉強したい方はこちらの参考書がおすすめです!

業務経験論文の作成にお困りの方へ

たつぼん
記述式には業務経験論文もあります。
こちらの問題でも方針や書き方が分からず悩みやすいですよね。

本記事で紹介した方法で題材を見つけても、

・論文構成が合っているのか判断付かない

・内容や文章、ちゃんと言いたいことが伝わるのか分からない

・相談できる人がいなくて論文作成で困る

といった悩みを持っている方もいると思います。

たつぼん
僕も業務経験論文では色々と情報収集して独学で学び、試験に合格できました。

この経験で培った知識で論文添削サービスを実施していますので、ご興味がありましたら以下のココナラをチェックしてみください。

【ココナラ】土木鋼構造物診断士-業務経験論文の添削サービスを見る
たつぼん
検索窓で「土木鋼構造診断士」で検索頂くと表示されます。
出品者名がtatsubonとなっていることをご確認ください。

まとめ

今回は「土木鋼構造診断士-記述式問題B:専門用語の勉強ポイント」について紹介しました。

試験に合格するには択一式問題も基準点を取得しないといけません。

以下の記事では、「択一式問題の勉強ポイントと参考書」について解説しているので、こちらもぜひ併せて読んでみてください。

関連記事

※当ブログではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。こんにちは、たつぼんです。たつぼん択一式試験の勉強するときのポイントとか勉強方法を知りたい!僕も択一式問題の勉強法に悩んだ結果、過去問やテキ[…]

【土木鋼構造診断士・診断士補】択一式問題の勉強方法を紹介【参考書も紹介】

以下の記事では、「業務経験論文を作成するうえでの工事の選び方」について解説しているので、こちらもぜひ併せて読んでみてください。

関連記事

※当ブログではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。こんにちは、たつぼんです。たつぼんこの記事は「2分」で読み切れる内容です。土木鋼構造診断士試験では、択一式問題に加えて、業務経験論文や専門問[…]

ポイント5つ!土木鋼構造診断士-業務経験論文の工事の選び方

最後まで閲覧頂きありがとうございました!

スポンサーリンク