こたんぽ、くるみケットの違いは?性能、値段などを比較

※当ブログではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

こんにちは、たつぼんです。

たつぼん
寒い冬に暖まれるグッズの「こたんぽ」と「くるみケット」違いが分からず選べない・・・

見た目や機能が似ているので選ぶのが難しいですよね。

僕も同じ気持ちになったので、この両者を調べて違いを比較しました!

調べてみると細かい設定や電気代に違いがあり、この点で購入判断できます!

そこで、本記事では・・・

たつぼん
・こたんぽ、くるみケットって似てるけど何が違うのか知りたい!

そんな方へ向けた記事になっています。

・サンコーの着るこたつ「こたんぽ」、山善「くるみケット」の違いが分かります。
・こたんぽ、くるみケットのどちらを購入するかの判断材料になります。

こたんぽ、くるみケットの性能、値段などを比較

こたんぽ、くるみケットの性能、値段などを比較
こたんぽ、くるみケットの性能、値段などを比較
たつぼん
こたんぽ、くるみケットの違いを比較してみました!

仕様や性能の比較

それぞれの仕様と性能を比較しました。

項目着るこたつ「こたんぽ」くるみケット
本体サイズ本体:幅480×高さ1300×奥行320(mm)
ヒーター:幅400× 高さ900(mm)
本体:縦1150×横650(mm)
(着用時ウエスト最大約1300mm)
本体重量約1350g約1400g
消費電力60W40W
温度設定

1段階:約38度
2段階:約42度
3段階:約45度
4段階:約48度
5段階:約52度
6段階:約55度

強:約53度
適温:約33度
弱:約23度
タイマー設定30分/60分/90分/120分2時間オフタイマー
8時間自動オフ
洗濯方法手洗いのみ洗濯機(ドラム式は不可)
ケーブル長(全長)約270cm(リモコン部分含む)約260cm(リモコン部分含む)
保証期間購入日から12カ月購入日から12カ月

仕様や性能を比較すると、そこまで大きな違いは無いようです。

・身体を暖めてくれる本体部分のサイズは概ね同じなので、どちらを選んでも暖まる範囲は同じ。
・ヒーターコードの長さは同じなので、コードを接続した状態で動ける範囲は概ね同じ。
・消費電力が異なるので、電気代には違いがありそう(次の項目で電気代を比較しています)。
・洗濯方法は大きな違い!手洗い、洗濯機では、手間や時間に大きな差がありますね。

消費電力、洗濯方法は選定するうえで大きな違いですね!

「電気代を出来るだけ節約したいな~」、「手洗いは時間がかかるし面倒だな~」、と思う方は「くるみケット」がおすすめです。

たつぼん
消費電力については次の電気代の比較で確認しました!

こたんぽ、くるみケットの販売価格の比較

それぞれの販売価格を比較してみました。

※販売価格は公式ショップを参照して比較しています。

ショップ着るこたつ「こたんぽ」くるみケット送料
サンコーオンラインショップ12,800円無料
山善オンラインショップ11,800円無料
たつぼん
こたんぽ、くるみケットの販売価格を比較すると、こたんぽの方が1000円安いです。

1000円程度の金額差であれば性能や使いやすさで選ぶ方が良いですね。

消費電力による電気代の比較

それぞれの消費電力による電気代を比較しました。

どれくらい節電できるのかを比較するために、こたつの電気代も追加しました。

内容こたつ着るこたつ「こたんぽ」くるみケット
消費電力300W60W40W
電気代(6時間/日)約49円/日約8円/日約4円/日
節電割合こたつ比:約1/6こたつ比:約1/12、こたんぽ比:約1/2
たつぼん
電気代をこたつと比較すると、こたんぽ、くるみケットのいずれも安いです。

また節電割合で比較すると、くるみケットはこたんぽの約1/2と安く、電気代はくるみケットの方が安くなります。

冬は電気代が高くなる傾向があるので、節電できる「くるみケット」がおすすめです!

使用性の比較【口コミ・評判】

それぞれを部屋で使ったときの使用性を比較しました。

内容着るこたつ「こたんぽ」くるみケット
使用時の姿勢座り(床・椅子・ソファー)、寝転び、歩きのどんな姿勢でも対応座り(床・椅子・ソファー)、寝転び、歩きのどんな姿勢でも対応
行動範囲コードの長さに限定されるが、部屋の中での移動は十分。コードの長さに限定されるが、部屋の中での移動は十分。
コード長さを超える移動時ヒーターのコードを取り外す必要あり。
ヒーターは停止させて移動することとなる。
ヒーターのコードを取り外す必要あり。
ヒーターは停止させて移動することとなる。
移動中のずり落ちドローコードで身体に締め付けるタイプなので、移動中にずり落ちやすい。エプロンのように肩に引っ掛けるタイプなので、ずり落ちにくい。
歩きやすさ足を大きく広げられる程は、足先の口が大きくないため、歩きにくいという声もチラホラ。歩きにくいという声は殆どない。
触り心地フワフワで気持ちいい。フワフワで気持ちいい。
収納時のコンパクトサイズ
(畳み方で変動あり)
高さ:約200㎜、幅:約400㎜高さ:約200㎜、幅:約350㎜

使用性を比較しましたが、使用性も大きな違いはありません。

・使用性に大きな違いはない。
・歩いたときのずり落ちも殆ど無さそうですが、肩に引っ掛けるタイプのくるみケットの方がよりずり落ちを気にせずに使用できます。
・収納時のコンパクトサイズも殆ど変わりませんし、本体重量にも殆ど差がないので、収納スペース、収納時の持ち運びの労力に違いはありません。
たつぼん
移動せずに、座ったり、横になったりして使用するだけであれば、ずり落ちを気にする必要はありませんね。

使用性を比較すると、こたんぽ、くるみケットは大きな違いはなく、

どちらを選んでもお部屋で暖かくして快適に過ごせます!

2022年こたんぽ、くるみケットの売れ行き状況

たつぼん
それぞれの売れ行き状況を調査しました!

売れ行きを調査した結果、どちらも売れ行きが良く差がなかったです。

ネットショップの口コミや評価が良く、店舗での売れ行きも良いという情報がありました。

たつぼん
どちらも人気や売れ行きが良く、売れ行きで判断するのは難しいですね。

こたんぽ、くるみケットどっちが良い?くるみケットがおすすめ

こたんぽ、くるみケットどっちが良い?
こたんぽ、くるみケットどっちが良い?
たつぼん
こたんぽ、くるみケットを比較した結果からおすすめを紹介します!

こたんぽ、くるみケットの性能、電気代、使用性を比較した結果を踏まえると、おすすめは「くるみケット」になります!

・くるみケットは肩から引っ掛けられるので、ずり落ちの心配がなくて使用できる。
・電気代がこんたぽの半額程度で節電に貢献。1人で過ごすなら暖房やこたつは不要でかなりの節電効果が期待できる。
・お洗濯に洗濯機が使用できるので、洗うのが面倒にならず、清潔に使い続けられる。

くるみケットはこたんぽよりも1000円高いですが、使用性や電気代などを考慮すると、

多少高くても「くるみケット」の方がおすすめです。

こたんぽ、くるみケットの購入方法

たつぼん
こたんぽ、くるみケットの購入方法を紹介します。

こたんぽ、くるみケットは、公式サイト以外にも購入できます。

楽天市場、Amazon(アマゾン)、ヤフーショッピングで販売されており、これらのショップであればポイントをゲットしてお得に購入できるのでおすすめです!

ネットでの購入ですが送料無料なので、店舗へ行く手間が不要で簡単に手に入りますよ。

◆くるみケットはコチラ

◆着るこたつ「こたんぽ」はコチラ

こたんぽ、くるみケットの比較のまとめ

今回は「こたんぽ、くるみケットの違いは?性能、値段などを比較」について解説しました。

違いは分かったからレビューとか口コミが知りたいなぁという方、

以下の記事で、こたんぽ、くるみケットのレビューや口コミを紹介しているので、こちらもぜひ併せて読んでみてください。

関連記事

※当ブログではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。こんにちは、たつぼんです。たつぼん冬は暖房を使わずに暖かく過ごしたいけど、厚着しても身体全体が暖まらない・・・僕も部屋の中で厚着して暖かくし[…]

【サンコー】こたつを着る?座る、歩くが自在な着るこたつ「こたんぽ」レビュー【口コミ有】
関連記事

※当ブログではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。こんにちは、たつぼんです。たつぼん冬は暖房を使わずに暖かく過ごしたいけど、厚着しても身体全体が暖まらない・・・僕は部屋の中でパーカー、スウェ[…]

暖房無しで暖か生活!山善「くるみケット」レビュー【口コミ・評判】

最後まで閲覧頂きありがとうございました!

スポンサーリンク