サンコーのこたんぽ・だら活毛布の違いとおすすめの選び方

※当ブログにはプロモーションが含まれています。

こんにちは!たつぼんです!

たつぼん
寒い季節になってくるとお部屋で過ごすときには、できるだけ暖房を使わないで快適に過ごしたいですよね。

お部屋で暖かく過ごせるアイテムを販売されているサンコーでは、着るこたつ「こたんぽ」、着る毛布「だら活毛布」がラインナップされています。

ただ、こちらの暖かアイテムを見ると、

たつぼん
・どちらも着て使うアイテムだけど、商品画像だけ見ても何が違うのか分からない。
・それぞれのメリットって何が違う?

といった感じで、どちらを選べばよいか悩みますよね。

そこで本記事では、サンコーの「こたんぽ」と「だら活毛布」の違いを比較しておすすめの選び方を紹介します!

ぜひ、暖かアイテムを購入する際に参考にしてみてください!

・サンコー「こたんぽ」と「だら活毛布」の違い(仕様、使い勝手、値段など)が分かります。
・サンコー「こたんぽ」と「だら活毛布」の選び方が分かります。
★サンコー「こたんぽ」と「だら活毛布」のおすすめの選び方!
◆こたんぽ
・身体の前面と背面の両方で暖まれるものが良い
・足先までしっかり暖まりたい
・低めの温度設定ができる仕様が良い
・少しでも電気代を節約したい
◆だら活毛布
・簡単ですぐに毛布を使って暖まりたい
・首元までしっかり暖まれるものが良い
・収納しやすいものが良い
・お手頃な値段で購入したい

サンコーのこたんぽ・だら活毛布の仕様や値段などの違いを比較

たつぼん
こたんぽ・だら活毛布の違いを比較しました。

こたんぽ・だら活毛布の仕様を比較

こたんぽ・だら活毛布の仕様を比較しました。

項目こたんぽだら活毛布
サイズ幅45cm × 奥行30cm × 高さ110cm幅126cm × 奥行20cm × 高さ150cm
サイズ調整ドローコードでS、L、3Lサイズに調整可能S、M、3Lサイズに調整可能
重量約2kg約1.3kg
タイマー4段階(30分/60分/120分/240分)4段階(30分/60分/120分/240分)
モード温度6段階
(約30、33、36、39、42 、45℃)
温度5段階
(約35、38、41、45、48℃)
ケーブル長電源プラグ~コントローラーまで:約1.4m
コントローラー~ソケットまで:約0.7m
電源プラグ~コントローラーまで:約2.1m
コントローラー~ソケットまで:約0.5m
折り畳みサイズ幅29cm × 奥行45cm × 高さ15cm
保証期間購入後1年間購入後1年間

こたんぽ、だら活毛布の仕様を比べると、以下のことが分かりました!

・形状が違う。こたんぽ:箱のような形、だら活毛布:毛布
・足先の暖かさが異なる。
 こたんぽは足先が収まる形状なので足先が暖まる。だら活毛布は毛布なのでこたんぽよりは劣る
・いずれも身長に合せて調整して使用できる
・温度調整範囲が異なる。
 こたんぽ:30~45℃、だら活毛布:35~48℃
・ケーブル長が異なり、だら活毛布の方が長め。
・収納はだら活毛布の方がしやすい。

上記のような違いがあるので、こたんぽ・だら活毛布を仕様面で選ぶうえでは、

・身体全体を毛布にくるまって暖まれるのかどうか
・温度調整範囲
・着用した状態での移動のしやすさ

といったことをチェックして検討するのが良いでしょう。

たつぼん
比較してみると、形は違いますが、どちらも似た仕様のアイテムでした。
どちらも暖まれるアイテムなので、仕様の違いを確認して選んでみてはいかがでしょうか。

こたんぽ・だら活毛布を着用すると、どこまで覆われる?

たつぼん
それぞれを着用すると、どれくらい身体が覆われるのか比較しました。
商品画像を見れば分かりますが、紹介しておきます。
項目こたんぽ
だら活毛布
覆われる範囲・胸元から足先まで覆われる
・身体の前面と背面の両方が覆われる
・首元から足先まで覆われる
・身体の前面と背面の両方が覆われる
※毛布なので背面は完全にはとじていない

以下のポイントが特徴的です。

・首元まで毛布をかぶりたい場合はだら活毛布
・身体の前面と背面、足先までしっかり覆われたい場合はこたんぽ

「暖まれる範囲が広い方が良い!」、「厚めの部屋着を着るから胸元まででも大丈夫!」など、使い方や好みを整理して選んでみてはいかがでしょうか。

こたんぽ・だら活毛布はどちらが動きやすい?

たつぼん
こたんぽは着用したまま移動できるのも特徴なので、移動のしやすさも気になりますよね。

ここでは、こたんぽ、だら活毛布の移動しやすさを比較しました。

項目こたんぽ
だら活毛布
移動のしやすさ・足を出して着用できるので移動しやすい
・こたんぽは胸元あたりを締め付けて固定するので、移動中にこたんぽがずり落ちることがある。
・移動する時はずり落ちないように歩くのがコツ
・足を出して着用できるので移動しやすい
・毛布の開口部に腕を通して肩に毛布を引っ掛けた状態で移動できる
・着用して移動できるが、ずり落ちる場合がある。

移動のしやすさを比較したところ、肩に引っ掛けて歩ける「だら活毛布」の方が移動しやすいと感じました。

ただ、正直、どっちもどっちのような感じです。

着用した状態で歩くイメージをして「歩きやすそうだな」と思えるものを選んでみてはいかがでしょうか。

たつぼん
着用したまま移動することも含めて選ぶ場合には、このポイントもチェックしてみて下さい!

こたんぽ・だら活毛布は自宅で洗濯できる?衛生面を比較

たつぼん
毎日という頻度で使うとなると衛生面も気になりますよね。

そこで、こたんぽ・だら活毛布のお洗濯について調査しました。

項目こたんぽ
だら活毛布
衛生面手洗いで洗濯できる手洗いで洗濯できる

どちらも手洗いできるので衛生的に使えます!

こたんぽ・だら活毛布の電気代の比較

こたんぽ・だら活毛布の電気代を比較しました(2023年10月)。

※メーカーHPなどを参照しました。

項目こたんぽ
だら活毛布
電気代(5時間使用の場合)
※34円/kWh
約10円約14円

電気代を比較すると、大きな差はありませんでした。

電気代に差はありませんので、機能面やお値段、使いやすさで選んでみるのが良さそうです。

たつぼん
ただ、電気代も値上がりしていて家計に響くので、電気代を考慮して選ぶのもポイントですね!

こたんぽ・だら活毛布の値段の比較

こたんぽ・だら活毛布の値段を比較しました。(2023年10月時点)

※メーカーHPを参照しました。

項目こたんぽだら活毛布
値段12,800円8,980円

値段を比較すると、こたんぽの方が約4000円高いという結果でした。

たつぼん
お値段に大きい差があるので、用途や機能面を考えて選ぶのが良いですね。

ただし、楽天市場やAmazonなどでは、時期によって割引クーポンやタイムセールで割引やポイント還元でお手頃に購入できる場合もあります。

なので、購入する際には割引された値段をしっかり確認しましょう!

こたんぽ・だら活毛布の使用性を口コミで比較

たつぼん
こたんぽ・だら活毛布の使用性を口コミなどから比較しました。
項目こたんぽだら活毛布
暖かさ・身体がしっかり暖まって寒い季節も快適
・暖房が無くても十分暖まれる
・身体がしっかり暖まって寒い季節も快適
・暖房が無くても十分暖まれる
温度調整・寒さ、暖まってきた具合に合せて調整できるのが良い・寒さ、暖まってきた具合に合せて調整できるのが良い
使いやすさ・装着するまでに少し時間がかかる・毛布をかぶるだけなのですぐに使える
使用時の姿勢・座り(床・椅子・ソファー)、寝転び、歩きのどんな姿勢でも対応・床、ソファー、座ったり、横になったりしても使える
・毛布を着たままでも歩ける
行動範囲・コードの長さに限定されるが、部屋の中での移動は十分。・コードの長さに限定されるが、部屋の中での移動は十分。
コード長さを超える移動時・ヒーターのコードを取り外す必要あり。
・ヒーターは停止させて移動することとなる。
・ヒーターのコードを取り外す必要あり。
・ヒーターは停止させて移動することとなる。
移動中のずり落ち・ドローコードで身体に締め付けるタイプなので、移動中にずり落ちやすい。・肩に引っ掛けながら歩くので、移動中にずり落ちる場合がある。
歩きやすさ・足を大きく広げられる程は、足先の口が大きくないため、歩きにくいという声もチラホラ。・こたんぽのように足を出す開口部というものがないので、足を開いて歩きやすい
触り心地・フワフワで気持ちいい。・フワフワ、さらさえで気持ちい肌触り

使用性の口コミを見てみると、

・読書、動画を見たり、椅子に座って作業するような時にはとても活躍
・暖房を使う頻度が減って電気代を節約できる
・身体や喉の乾燥もしにくくなった
・暖かさに合わせて温度調整できるのが良い

といった感じで使う方々に喜ばれています。

両方に共通したイマイチな点には主に以下がありました。

・着用したままでの歩きにくさ
・着用したまま家事、移動が多い作業には向かない

どちらも歩きにくさがありますが、ちょっとした移動の場合には丁度良いとの声が多かったです。

たつぼん
着用したまま移動はできますが、期待しているほどの移動しやすさは無さそうです。

サンコーのこたんぽ・だら活毛布のおすすめの選び方

たつぼん
こたんぽ・だら活毛布に特徴があるので、その特徴に合わせた選び方を紹介します!
・身体の前面と背面の両方で暖まれるものが良い
・足先までしっかり暖まりたい
・低めの温度設定ができる仕様が良い
・少しでも電気代を節約したい
・簡単ですぐに毛布を使って暖まりたい
・首元までしっかり暖まれるものが良い
・収納しやすいものが良い
・お手頃な値段で購入したい

こたんぽとだら活毛布で使い勝手が少し異なるので、その特徴に合わせて選んでみてはいかがでしょうか。

たつぼん
使いやすさ、収納スペースなど、上記で紹介したポイントで検討すると、後悔しないお買い物ができると思います!
ぜひ参考にしてみてください!

サンコーのこたんぽ・だら活毛布の購入方法

たつぼん
こたんぽ・だら活毛布はネットショップで購入できます。

こたんぽ・だら活毛布は、楽天市場、Amazon(アマゾン)、ヤフーショッピングでポイントをゲットしてお得に購入できます。

しかも、送料込みなので、ネットショップで購入するのがおすすめです!

まとめ

今回は「サンコーのこたんぽ・だら活毛布の違いとおすすめの選び方」について紹介しました。

こたんぽの購入を考えているけど、購入前にレビューなども知って最終決断したいですよね。

以下の記事では、こたんぽのレビューを紹介しているので、ぜひこちらも読んでみてください!

関連記事

※当ブログではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。こんにちは、たつぼんです。たつぼん冬は暖房を使わずに暖かく過ごしたいけど、厚着しても身体全体が暖まらない・・・僕も部屋の中で厚着して暖かくし[…]

【サンコー】こたつを着る?座る、歩くが自在な着るこたつ「こたんぽ」レビュー【口コミ有】

暖かアイテムは他のメーカーからも販売されていて、サンコーのこたんぽと山善のくるみケットも似ていて選ぶうえで悩みやすいです。

以下の記事では、サンコーのこたんぽと山善のくるみケットの違いを紹介しているので、ぜひこちらも読んでみてください!

関連記事

※当ブログではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。こんにちは、たつぼんです。たつぼん寒い冬に暖まれるグッズの「こたんぽ」と「くるみケット」違いが分からず選べない・・・見た目や機能が似ているの[…]

こたんぽ、くるみケットの違いは?性能、値段などを比較して購入

最後まで閲覧頂きありがとうございました!

スポンサーリンク